シニアの一人暮らしだから言える夜勤専従の快適な暮らし

ポチっと
応援していただけると嬉しいです ↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代の生き方へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 シニア日記ブログへ

60歳から始めた夜勤専従の仕事

今までやったこともない夜勤専従の仕事など、はたしてこの年齢でできるものか不安はあったけど、始めてから思うのは無理ではないということ

ましてや一人暮らしの身

家族の協力なんて要らないし、私自身が暮らしやすければそれでヨシ

仕事のある日も休日も、日中はいつもフリー

出勤前に干し上がった洗濯物を片付けて出かけ、帰宅した朝にはゴミ出しの時間にも間に合い、ゴミが溜まるということもない。

日中の地域活動に参加することもできるし、銀行やお役所にもいつでも行ける。

ちょっと仮眠した後、ササッとメイクしてランチにも行ける。

おまけに昼に働くよりお給料もいいし、週2のペースでそこそこ稼げる。

ワンオペの夜勤専従は煩わしい人間関係もなし

これって私に一番合った働き方かもって、最近になって思い始めました。

まぁ、これから先、何事もなければの話しだけど

先のことなど考えても仕方ありませんし

今を生きる

それだけです。

今の時代、家族があったところで、歳をとると老人施設に押し込まれ、その後のお世話は赤の他人様にお金と引き換えに放棄され、自宅にしろ老人施設にしろ終末期は一人も同然

手に入れたばかりのこの家に、出来るだけ長く一人で住み続けるには、健康維持とボケないこと

それと、どなたも不安で仕方がない年金暮らし

なんとかなりますって

毎日うなぎやステーキが食べたいわけでもないし

高齢の一人暮らしで心配なのは孤独死

だけど、おかげさまでご近所さんたちは、何気に私のことを気にかけて下さって、昨日も、お隣のお隣さんから枝豆を頂戴しました。

明日の晩酌が楽しみです。

おそらく、私の車や雨戸の様子をうかがって所在確認をしているのでしょう。

ありがたいことです。

乳飲み子を連れて田舎に出戻った頃、普通の家族に憧れたけど、今ではそんな憧れなんてどこへやら

最後は一人になるのなら、随分と経験豊富な一人暮らしです。

これから誰かを失う寂しさも恐れもありません。

明日の晩酌のアテの枝豆を楽しみに、今日も夜勤専従の仕事

こんな暮らしも悪くはありません。

20代の後半に結婚した当初、今頃の私は孫に囲まれた賑やかな暮らしを想像していたけど、先のことなどわからないモノです。