水出しアイスコーヒーの終わり時期 / 60歳、遊んで暮らすのはまだ早い

ポチっと
応援していただけると嬉しいです ↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代の生き方へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 シニア日記ブログへ

水出しアイスコーヒーの終わり時期

我が家のアイスコーヒーは、もっぱらカルディの水出しアイスコーヒー


*画像お借りしました

水出しと言っても。うちで作る時は熱湯で作って冷ますという方法で、分量も3倍ぐらいにカサ増しして作っていますが、普通に濃いアイスコーヒーができます。

こんなことを宣伝するとカルディさんの儲けが少なくなるかもしれませんが、パッケージに書かれているように1パックで400mlの水で作るとコップ2杯で終わりですからね

初めは正直に400mlの水で作ってみたけど、コクがなくてあんまり美味しくなかったんですょ

だから私は毎回この方法で作っている水出しアイスコーヒー

さて、今日作ったのが最後の1パック

あと2、3日分です。

今週末から涼しくなるという予報ですが、さて、新たに買いに行くかどうか迷いどころ

涼しくなれば自然にホットコーヒーに手が伸びるでしょうが、お風呂上りにはやっぱりアイスコーヒーが飲みたいし

今日作ったのがなくなった時に考えるとしましょうか

すぐ近くにカルディはありますから

まったくもって便利な街に引っ越してきたものです。

便利過ぎて、もう田舎に戻る気にはなれません。

60歳、遊んで暮らすのはまだ早い

今月は理想的に休みが入る楽なシフトです。

出勤、休み、出勤、休み…

これが夜勤専従の健康には一番いいと思っています。

がしかし、休みが多いとロクなことを考えないのが私の悪い癖

再就職してから2か月半

仕事にもスタッフにも慣れ、和気あいあいとした空気感の中で働いているとは言え、会社の方針に不満は無きにしも非ず

そういうことって、長くいればいるほど見えてくるモノで、必死になって仕事を覚える段階が過ぎると目に付いてきます。

これでいいのか、本当にこの会社でいいのかって

そういうことを休日にふと考えるんです。

まぁ、こういったことはどんな職場でも同じでしょうがね

それが、いざ出勤すると思考はまた仕事モードへ一直線

社会で働くってこれの繰り返しかも知れませんが、幸いなことに私が社会人として働くのもそう長くはありません。

今のところ、こういった負の感情に苛まれる時は「あと数年だけ」と自分に言い聞かせていますが、意外と長いんですねぇ、年金受給年齢に達するまでって

そうこう言っている間に、あと5年と言っていたのが、あと4年半になりましたがね

そう言えば、3月で定年を迎えた職場でも、こんな風に「あと何年」って退職の日を指折り数えていたような気がします。

 

今朝、玄関のサンシェードを取り付けに業者が来ました。

今週は花壇のブロック積みも施工されるようです。

この街に来て、1年の半分が過ぎようとしています。

この街で作る私の歴史も、家や外構と共に少しづつ増えていきますが、反対に私に寿命の方が少しづつ減っていくことを思うと、今のうちにやりたいことは全部やりたい気持ちがどんどん大きくなります。

やりたいことをやるためには、60歳で遊んで暮らすのはまだ早い

労働所得だろうが不労所得だろうが、それなりに収入を得て、ボチボチ頑張ろうと思います。