壁掛け扇風機をリビングに / 絶妙な距離感

ポチっと
応援していただけると嬉しいです ↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代の生き方へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 シニア日記ブログへ

壁掛け扇風機をリビングに

昨夜は、床に入る時間も蒸し暑く、ぼちぼち扇風機を出さないとと思っていました。

それと、さすがにもうアルミ入り蓄熱ベッドパットは暑すぎて、布団をはだけて寝ました。

というわけで、今日は朝から夏支度

コタツ布団も片付け、蓄熱ベッドパットもしまい、リビングには壁掛け扇風機を

この扇風機は7枚羽根でDCモーター

静かだし電気代もお得なようだけど、3枚羽根のACモーターの壁掛け扇風機から買い替えた時、風力がちょっと物足りない感じでした。

デザイナーズ家電ってこんなものかもしれません。

インテリアの邪魔をしないシンプルなデザインは気に入っていますがね

リビングが一気に夏らしくすっきりしました。

絶妙な距離感

お昼過ぎ、境界フェンスの手前に残した土の部分に苦土石灰を混ぜておきました。

最近、外仕事をする時は帽子を被っています。

いい歳です。

ぶっ倒れないように用心するに越したことはありません。

万が一、私が倒れるようなことがあったら、一体誰に連絡が行くのでしょう。

未だ組織にも属していない無職の身でもって、緊急連絡先なんてご近所さんにも教えていないのです。

何かあったら警察が来て、免許証とかマイナンバーカードで身元を調べて、手当たり次第に関わりのありそうな人のところに連絡するのでしょうね

昔は、私の周りには、父がいて、母がいて、兄がいて、娘がいて、職場に守られていたのに

死ぬときは一人だって、今から言われているようですょ

別に恐くはないけど、他人様に迷惑が掛かるのが申し訳ないと思うだけです。

 

今日の夕ご飯

やっぱりグリルの焼き加減がちょうどいいんでしょうね

ほっけがうまく焼けて最高です。

最近のガスコンロの魚焼きグリルは、焼けると自動で火が消えるので、ほっけも炭のように真っ黒になりません。

自作の青じそ入りのきゅうりとミョウガの塩昆布和え

プランターは、日当たりの良すぎる場所に置いてあるので、野菜の育ち方が半端ありません。

収穫した青じそもお化けのような巨大青じそでした。

土に苦土石灰を混ぜている時、お隣さんが話しかけてきました。

時々バイクに乗る姿を見かけていたので、てっきり年下だと思っていたご主人

実は70歳だそうです。

初めて気づいたのだけど歯がありませんでした。

間近で見たらやっぱり年相応です。

2軒隣りにおばあさんが住んでいたらしいけど、今は空き家になっているとか

だけど、お隣のご主人は、そのおばあさんのその後のことは知らないし知ろうともしていないようでした。

2か月前まで住んでいた田舎だったら、絶対詮索して噂するようなことです。

この街の好きなところはこういうところ

他人のことに深入りしない代わりに気にはかける。

この距離感が絶妙なんです。