リフォーム業者を選ぶ際に決め手となったもの / 穂紫蘇

ポチっと
応援していただけると嬉しいです ↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代の生き方へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 シニア日記ブログへ

リフォーム業者を選ぶ際に決め手となったもの

激安物件の購入が叶い、あとは諸々の手続きを済ませて引き渡しを待つのみ

始まりは8月の初めのポータルサイトでした。

これがのちに私にとって運命的な出会いとなった物件です。

物件の内見
インスペクション依頼
1級建築士デザイナーに出会う
外壁工事可能かどうかで揉める
外壁工事のことで別の業者に相談
とりあえず相見積もりを考える
別の業者の営業マンの知識とセンスのなさに愕然とする
インスペクションの報告、プラン、見積もりを聞く
物件購入の意思決定
値下げ交渉成功
1級建築士デザイナーのプランに合わせて予算を上乗せ
それでも予算不足
値引き可能なら工事を依頼したいと申し出る
この時点で別の業者から相見積もりを取ることをやめる

リフォームをする時に必ず相見積もりを、と言われるけど、結局私は相見積もりも取らずに、初めに出会った1級建築士デザイナーにリフォームを依頼しようと決めたのは、その人柄からです。

インスペクションを依頼した時に初めて出会い、その後何度かメールや電話でやり取りするうちに感じた知識の深さ、センスの良さ、礼儀正しさ、誠実さはピカイチです。

一方、見積もりにまでも至らなかった別のリフォーム業者との出会いは、その会社の営業マン

リフォームに関する専門的な知識をどこまで持ち合わせているのか、発する言葉は営業トークで「お安くしときますよ~」

こちらの質問に対しても私が求める答えにならず、矛盾が多い

やる気があるのかないのか、連絡もマメにしてこない

私が初めに出した予算が安かったから、なめられたのだろうと思っていますが

その点、その安い予算で1級建築士デザイナーの方は精いっぱいのプランを立てて、できるだけ私の思いに近づくように代替案まで考えてくれました。

受け取った分厚い計画書と見積もりの書かれた紙の隅に、それを印刷した時間が小さくプリントされていたのだけど、それが23:06

ぎちぎちの予算を提示した私のような安物の客に対しても、深夜まで仕事に向き合ってくれていたんだと思った時、私はこの方に依頼しようと決めました。

安い高いだけじゃあ決められないんです。

最終的には相手を信頼できるかできないかなんです。

穂紫蘇

朝晩寒くなったこの頃、

徐々に日も短くなり、私の嫌いな秋の入り口です。

ちょっと前まで、しらす丼のトッピングに大活躍していたベランダの青じそ

よくよく見ればすでに穂紫蘇と化しています。

もう半年もすれば、ついに私も定年退職

その頃には、激安物件のリフォーム工事も終わって、劇的ビフォーアフターの全容が見られることでしょう。

母とその家で一緒に住むことを以前は提案していたけど、おそらく母は拒否するだろうと思っています。

母はタバコも吸わしてもらえないきれいな家に住むことより、汚くても気楽に生活できる方を選ぶでしょうから

だけど、できれば母にも見せてあげたいと思っています。

おそらく精いっぱい嫌味を言うでしょうがね